With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2016.12.16UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2016.12.16MEDIA鬼がかけた魔法にどこまで魅せられるだろう

<写真=tvN「鬼(原題)」公式ホームページ>

tvN金土ドラマ「鬼(原題)」の人気が尋常ではない。
ドラマ「鬼(原題)」は歴代ケーブルチャンネルの中で最も早いスピードで視聴率が上昇し、ドラマでコン・ユが着て、聞き、見る全てが話題になっている。

◆発売1年過ぎた本が鬼に出会って…
16日インターネット書店「yes 24」によると12月3週目(8日〜14日)総合ベストセラー・ランキングにキム・ヨンテク詩人の「もしかしたら、星たちが君の悲しみをもたらすかもしれない(原題)」(以下、もしかしたら)が 1位にランキングされた。この本は出版してから約1年経った作品だったが、去る10日ドラマ「鬼(原題)」第4話に登場していっきににベストセラーにランキングされたとのこと。



詩「もしかしたら」はドラマでたった何秒間露出されたにもかかわらず、5日間で1万900冊が販売されドラマの人気を立証させた。
オフラインの本屋では「もしかしたら」の注文が殺到している状況。永豊文庫(ヨンプンムンゴ) 鍾路店の関係者によると「放送後、本についての反応が殺到している」と「販売が急増していて追加発注をしている状態」と伝えた。

◆「鬼(原題)」OST、音源市場も…
「鬼(原題)」は音楽市場でもその人気を立証している。EXOチャンニョルが歌った「Stay With Me」や海外歌手の曲「Hush」、10cmの「僕にだけみえる(原題)」が10位内にランキングされた。



その他、コン・ユがドラマで着ている衣装も話題を集めている。毎話に着て登場するスーツとコート、ニットなどほぼ高価ブランドだが、放送後に同じものを探している日が増えたとのこと。 ブランドの関係者によると「店舗ごとにコン・ユが着て登場したコートを買う人が増えた」と「コートだけでなく、サングラスなどの小物への興味を高まっている」と伝えた。

ドラマ「鬼(原題)」は「太陽の後裔」のキム・ウンスク作家とコン・ユが主演を務めることで放送前からも話題を集めていたが、視聴率はさらに初放送日(2日)から第4話(10日)まで垂直上昇し続けている。
第1話6.689%、第3話では10%を突破、第4話でな12.721%までに上昇している。第3話まで視聴率が10%を超えたのは韓国ケーブルドラマの中で一番早い速度だとのこと。 そお影響でCJ E&Mの株価も10%以上連日上昇している。

ⓒ 한국경제 & hankyung.com

▲ページTOP

2016.12.15MEDIA「鬼(原題)」コン・ユ×イ・ドンウク、以心伝心お酒を飲む時間
「鬼(原題)」コン・ユ×イ・ドンウクが一緒に缶ビールを飲んでいる。

tvN金・土ドラマ「寂びしくきらびやか神(シン)-鬼」側は15日、コン・ユ、イ・ドンウクが一緒に缶ビールを飲んでいるスチールを公開した。

キムシン(コン・ユ扮)と死神(イ・ドンウク扮)はドラマ「鬼(原題)」第5話で酒を飲み、本心を語る。二人は今まで会うたびに言い争うばかりだったが、浮かぬ顔をしてお互いに共感する何かを作るということ。鬼と死神の心をひとつにさせた事件はいったい何であっただろう。


「鬼(原題)」第5話では来る16日夜8時に放送される。© News1star / 화앤담픽처스

該当する場面は11月25日京畿道(キョンギド)のあるスタジオで撮影された。二人は1つ屋根の下で一緒に暮らす神たちの内面を演技で映し出した。素晴らしい息でNGなしで淀みなく行われたとのこと。

制作側は「コン・ユとイ・ドンウクはそれぞれ違う立場で卓球の球をやりとりするような早口の台詞が視聴者に楽しみを与えている」と「第5話からは二人の本音が表すことで興味を高めると思う」と伝えた。ドラマは来る16日夜8時放送。

▲ページTOP

2016.12.15UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2016.12.13UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2016.12.13UPDATE【CM】EPIGRAM
■16F/W epigram with gongyu

▲ページTOP

2016.12.13UPDATE【CM】BCカード
■BCカード「時」編


■BCカード「考」編


■BCカード「メイキング」編




▲ページTOP

2016.12.13UPDATE【CM】K7
■All New K7 hybridとコン・ユの柔らかな革命(30sec)


■K7メイキング映像


▲ページTOP

2016.12.13MEDIA「ロマンチック神」コン・ユ15年ぶりに広がるきらびやかな花道


コン・ユは去る2日初放送を始めたtvN金土ドラマ「寂びしくきらびやか神(シン)-鬼(原題)」で不滅の時間を過ごしている神秘で悲しい鬼のキムシン役で「コーヒープリンス1号店(2007)」を超える新しい人生の作品を作っている。

去る2001年映画「同じ年の家庭教師(2003)」、「恋の潜伏捜査(2005)」に続き高校生の役を演じたコン・ユはドラマ「乾パン先生とこんぺいとう(2005)」で高校生パク・テミン役を演じて先生役のナ・ボリ(コン・ヒョジン)と年上年下カップル演技で人気を集めた。

この勢いにのって「コーヒープリンス1号店」(2007)で男装している主人公チェ・ハンギョル役(ユン・ウネ)との絶頂のケミーを見せ、コン・ユは名実相伴う「ロマンチック・コメディ・キング(ロコキング)」になる。人気絶頂だったコン・ユは突然入隊を選択し、人生第2幕を始める。

コン・ユは除隊後、TVブラウン管よりはスクリーンを通じて活動し始める。映画「あなたの初恋を探します(2010)」、「トガニ 幼き瞳の告発(2011)」、「サスペクト 哀しき容疑者(2013)」などの作品で甘いロマンスから華麗なアクションまで消化し、きちんとフィルモグラフィーを作っていく。

特に今年は映画「男と女」、「釜山行き(原題)」、「密偵(原題)」の連続3作品に出演し、スクリーン上で猛威を振る舞った。3作品とも作品性と興行によい成績をもらったコン・ユは「1000万俳優」というタイトルを獲得、韓国代表の俳優になる。

2016年を締めくくる今は「ロマンチック神」に登極し、華麗なきらびやかな花道を歩んできたコン・ユの過去を振り替えてみる。


デビュー当初、ショットヘアーのコン・ユ。


ドラマ「二十歳(原題)」でイ・ユリと息を合わせるコン・ユ。


ヘアスタイルの完成は顔?


どんなスタイルも完璧に「コン・ユ化」させる。


もう一つ欠かせない「コン・ユのスーツスタイル」。


広い肩幅に女心をオール・キル!


時間がたつほど素敵なコン・ユの魅力


これからも永遠に



Copyright ⓒ 스포츠서울&sportsseoul.com

▲ページTOP