With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2016.01.20MEDIAチョン・ドヨン、コン・ユ映画「男と女(原題)」メイン予告編、熱い惹かれに溺れる。


雪に覆われたフィンランドで出会った男と女のストーリを描いた映画「男と女(監督イ・ユンギ)」がメイン予告編に公開した。

チョン・ドヨンには本格的メローの復帰作であり、コン・ユには初メローで期待を集めている映画「男と女(原題)」がメロー感性豊かなメイン予告編を公開しその正体を公開した。

予告編に流れる「懐かしい(原題)」曲はキム・ヨンウの声とフィンランドの美しい風景は見る人の目と耳を司った。

フィンランドでサンミン(チョン・ドヨン)とギホン(コン・ユ)は互いに熱く惹かれ 合いながら巻き込まれる。

互いに名前も知らないまま、別れた二人は日常で再び再会し、二人の切ない恋の時間を共有する。

「もうここまでにしましょう。つらくなる前に」のサンミンに「私たちは何でもないですか?」と言うギホンの切ない表情は二人をめぐるストーリに期待を高調させる。

「男」コン・ユと「女」チョン・ドヨンの演技で期待を集めている映画「男と女(原題)」は来る2月に公開予定だ。

▲ページTOP

2016.01.19MEDIAチョン・ドヨン♥コン・ユ「男と女」大人たちのメローが来る


「チョン・ドヨンとの大人のメロー断る理由がない」

19日午前ソウル狎鴎亭CGVで行われた映画「男と女(原題)」制作発表会にイ・ユンギ監督を始め、主演俳優コン・ユとチョン・ドヨンが参加した。

映画「男と女(原題)」はフィンランドで出会った男女が二人の熱く惹かれ合うストーリを描いた映画だ。映画「素晴らしい一日」、「レイトオータム」の繊細な演出力のイ・ユンギ監督の新作である。映画「素晴らしい一日」以降、チョン・ドヨンとは2回目の出会いだ。

「メロークィン」チョン・ドヨンの復帰「ラブ・ロマンス・コメディ」コン・ユの初の本格的なメロー作で注目を集めている映画はファンランドでファンタージのような恋と現実の恋の様々ば風景をリアルに伝える予定。チョン・ドヨン、コン・ユが演じるメローシーンも見逃せない観点ポイント。



人妻と妻帯者として自分の寂しさに気づいてなかった二人はお互いによって男と女として惹かれ合う感情の波高まで映画に込めたとのこと。

劇中、チョン・ドヨンはデザインショップのオーナーのサンミン役をコン・ユはフィンランドで建築家の仕事こをしているギホン役を演じた。

チョン・ドヨンはこの日、映画「男と女」について激情的なメローだ。監督のドライな演出力がこの熱いストーリをどのように表現させたのか知りたかった」と出演同期を伝えた。

「サスペクト 哀しき容疑者」以降3年ぶりの復帰したコン・ユは「30代半ばには大人のメローを演義してみたかったし、チョン・ドヨン先輩とは一緒に仕事してみたかった。僕にとって「男と女」のキャスティングを断る理由はなかった」と伝えた。

コン・ユは劇中二人の恋について「男と女は二人の恋が結ばれるか結ばれないかは大事ではない作品だ。恋する二人の繊細で深い感情の流れたもっと大事な映画である。恋そのものに対する映画だ。」と作品の意味を伝えた。

チョン・ドヨンとコン・ユが作り出した大人の恋、イ・ユンギ監督の本格メローはどんな色になるだろう。映画「男と女(原題)」は来る2月に公開する。


▲ページTOP

2016.01.19MEDIA映画「男と女(原題)」監督「コン・ユはスマートで明るい俳優」


イ・ユンギ監督が俳優コン・ユについて賞賛した。

19日午前ソウル狎鴎亭CGVで行われた映画「男と女(原題)」制作発表会に主演俳優コン・ユ、チョン・ドヨン、イ・ユンギ監督が参加した。

映画「男と女(原題)」を演出したイ・ユンギ監督はこの作品で初めて息を合わせたコン・ユについて「皆さんが想像する通りの日常を過ごしている。本当に明るい性格だ」

またチョン・ドヨンについて「チョン・ドヨンは周りの雰囲気を楽しくする才能がある。コン・ユは一言で表現するとスマートだ。」と伝えた。

映画「男と女(原題)」はフィンランドで出会った二人はどうしようもなく熱く惹かれ合うストーリで期待を集めている本格的なメローである。映画「男と女(原題)」来る2月に公開予定。

▲ページTOP

2016.01.19MEDIA映画「男と女(原題)」チョン・ドヨン、「コン・ユはスウィートな男」


映画「男と女(原題)」のチョン・ドヨンがコン・ユの優しさについて語った。

19日午前ソウル狎鴎亭CGVで行われた映画「男と女(原題)」制作発表会で主演俳優コン・ユ、チョン・ドヨン、イ・ユンギ監督が参加した。

コン・ユはチョン・ドヨンについて「演義しているはずたが、演じているようにはみえなかった。ただ先輩(チョン・ドヨン)を見て話せば大丈夫だった」と伝えた。

チョン・ドヨンは「コン・ユは劇中のギホン役と似たところが多い。本当にスウィートな人だった。表に現れる暖かさではないが、少年みたい。」と「撮影中にたくさん愛されていると感じた」と伝えた。

映画「男と女(原題)」はフィンランドで出会った二人はどうしようもなく熱く惹かれ合うストーリで期待を集めている本格的なメローである。映画「男と女(原題)」来る2月に公開予定。

▲ページTOP

2016.01.19MEDIAコン・ユ、チョン・ドヨン、「美しい男と女」


19日午前ソウル狎鴎亭CGVで映画「男と女(原題)監督イ・ユンギ」制作発表会が行われた。
俳優コン・ユとチョン・ドヨンは取材の質問を聞いている様子。
映画「男と女(原題)」はフィンランドで出会った二人はどうしようもなく熱く惹かれ合うストーリで期待を集めている本格的なメローである。映画「男と女(原題)」来る2月に公開予定。

▲ページTOP

2016.01.19UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!
コン・ユ主演映画「男と女(原題)」制作発表会の様子がアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2016.01.18UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2016.01.18MEDIA【CM】SSG.COM_今日쓱(SSG)配送編

▲ページTOP

2016.01.12UPDATEコン・ユが来る…しかも濃いメローで


「格好いいの代名詞」とも言える俳優コン・ユの映画が公開される。
コン・ユはチョン・ドヨンと一緒に息を合わせた映画「男と女(原題)」が来る2月に公開を予定している。
さる2013年公開した映画「サスペクト 哀しき容疑者」以降約3年ぶりである。

映画「男と女(原題)」はフィンランドで出会った男女が恋に落ちるメローの作品。
コン・ユの本格的なメローは今回が初めてで注目を集めている。
映画の中コン・ユは禁じられた恋に落ちてしまうギホンという役を演じる。本来コン・ユが持っている魅力と役柄がよく混ざり合って切ない演技で表現できたとのこと。

2月映画「男と女(原題)」の伝統メローでスクリーンに復帰するコン・ユは続いて映画「釜山行き(原題)」「密偵(原題)」の公開も予定している。

▲ページTOP