With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2015.06.11UPDATEGALLERYページUP
BODYSHOP写真がUPされました!

◆写真のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/gallery/photo/

▲ページTOP

2015.06.01UPDATE2015年6月ダウンロード用カレンダーUP
2015年6月ダウンロード用カレンダーがUPされました!

◆今月のカレンダーのダウンロードはこちら⇒
http://gong-yoo.jp/download/


▲ページTOP

2015.05.01UPDATE2015年5月ダウンロード用カレンダーUP
2015年5月ダウンロード用カレンダーがUPされました!

◆今月のカレンダーのダウンロードはこちら⇒
http://gong-yoo.jp/download/


▲ページTOP

2015.04.30MEDIAコン・ユ、ロマンチックなTHE BODYSHOPのCM公開!

<写真提供:THE BODYSHOP>

THE BODYSHOP(thebodyshop.co.kr)モデルに抜擢されたコン・ユの新しいCMが公開される。

行動するブランド、イギリスのザ・ボディショップ No.1ロングセラー、ホワイト・ムスクの新CMが5月1日から公開される。
新しいCMではコン・ユがある女性と恋に落ちるシーンが描かれる。このCMを通して多くの女性の心をときめかせるには十分だ。

今回のCMのキャッチコピーは「肌の香り、香水になる」で互いの香りに酔い痴れた男女が恋に落ちる瞬間を美しく描き出している。とくに白いシャツとドレス、風に揺れるカーテンは透明感のあるパープルカラーの商品に合って純粋な恋の香りをよく伝えている。

ロンチングから31周年を迎えるザ・ボディショップのホワイトムスクオードパルファムは業界では初めてジャコウジカを犠牲にすることなく完成された人口ジャコウ香水である。またこの商品はムスク香りとユリ、ジャスミン、アイリスなどのフローラル香りが適切に調和を成して男女に人気が高いロングセラーだ。香りは平均5時間持続する。

ザ・ボディショップの関係者によると「コン・ユさんの演技が恋に落ちた男女のトキメキを美しく表現して大きな反応を導かせると期待する」

コン・ユの新しいCMは5月1日から放送される予定。

▲ページTOP

2015.04.16MEDIA映画「釜山行き」コン・ユ、マ・ドンソク、チェ・ウシク告祀後、打ち上げ写真公開
映画「釜山行き」(監督ヨン・サンホ/製作映画者レッドピータ)は4月15日ヨン・サンホ監督と主演俳優コン・ユ、マ・ドンソク、チョン・ユミ、アン・ソヒ、チェ・ウシクなどを始め映画関係者たちが集まった中で告祀が行われた。

ヨン・サンホ監督は告祀後、打ち上げ場で撮った写真を自分のSNSに公開した。


<写真:ヨン・サンホ監督SNS>

公開された写真には俳優コン・ユと子役、マ・ドンソクがラフな服装で微笑んでいる姿と夫婦役で息を合わせるアン・ソヒとチェ・ウシクはピースポーズをしている楽しいそうな雰囲気の写真が映画に対する期待感を一層高めた。

コン・ユは韓国の証券街を動かすファンドマネジャーのシングルパパ、マ・ドンソクはチョン・ユミと夫婦で登場し、アン・ソヒは野球部のサポーターズ、チェ・ウシクは野球部のエースの役を演じる。

映画「釜山行き」は異常ウィルスが韓国を襲う災難状況の中、ソウル駅から出発する釜山行きKTXで生き残るために戦うストーリの前代未聞ブロックバスターのプロジェクトだ。

ヨン・サンホ監督は「この映画はアニメーション「ソウル駅」から始め「釜山行き」で終わり大型プロジェクトだ。長いプロジェクトに参加してくれたスタッフ及び俳優達に敬意を伝える」と言った。

本格的なプロジェクトの始めを知らせた「釜山行き」が脱線せずに無事運行に成功するか、今後その結果が期待される。

映画「釜山行き」の告祀写真を見たネティズンは「映画「釜山行き」本当に楽しみにしています。また素敵な映画を作ってください」、「これだけ見ても超大型プロジェクトですね。頑張ってください」などの反応だ。


▲ページTOP

2015.04.15UPDATEGALLERYページUP
iLooMサイン会の現場写真がUPされました!

◆写真のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/gallery/photo/

▲ページTOP

2015.04.14MEDIA「バリスタ5年目」コン・ユ、ラテアートに挑戦
イケメン過ぎるバリスタコン・ユの姿にトキメキ

<写真提供:マネジメントSOOP>

「バリスタ5年目」コン・ユの働く姿が公開された。

今回、公開された写真はMAXIM「KANU」の専属モデルコン・ユの新春CM撮影現場からだ。
長い間「KANU」専属モデルで活動してきたコン・ユは気心が知れた現場のスタッフにも撮影合間にコーヒーを入れてあげるなど、ちゃんとバリスタとしても働いている様子。

特にコーヒーを入れる時の集中する姿が目を引く。スタッフが撮影を準備している間には手慣れた姿でラテを作り、ラテアートまでも挑戦した。マグカップにミルクを注ぎラテアートスプンで形を作る姿は撮影準備に夢中だったスタッフたちの働きを止めさせた。

もう5年目に入るコン・ユのMAXIMの「KANU」CMは現在オンエア中だ。

一方、コン・ユは映画「男と女」撮影を終えて、ヨン・サンホ監督の映画「釜山行き」撮影を準備している。


▲ページTOP

2015.04.08MEDIAコン・ユからアン・ソヒまで…映画「釜山行き」キャスティングのラインナップ公開

超大型ブロックバスター映画「釜山行き(ヨン・サンホ監督、映画社レッドピーター製作)」がキャスティングのラインナップを公開した。

今までハリウッドと忠武路(韓国映画系)を掌握していた数多くの災難映画の公式を引っ繰り返してきた映画「釜山行き」、「トガニ~幼き瞳の告発」、「サスペクト 哀しき容疑者」で演技はもちろん興業価値まで認められた俳優コン・ユは すでにソグという役で「釜山行き」のKTXに乗車していた。彼は韓国の証券系を動かすファンドマネージャで一人で子育てをするシングルファーザーを演じる。

また、夫婦で登場するマ・ドンソクとチョン・ユミは突然起きた災難に巻き込まれることになる。サンファ役を演じるマ・ドンソクはパニック状態のKTXで友情と夫性愛を見せてくれる予定。妻のソンギョンは夫のサンファの隣で守る強い女性で女優チョン・ユミが演じる。女子高生で野球部のサポーターズのジンヒ役にはアン・ソヒが演じる。演技派子役で多くの韓国代表監督と一緒に撮影したことのあるキム・スアンはコン・ユの娘役で登場する。

このように個性強い演技力の俳優達の合流は映画「釜山行き」シナリオの魅力を実感させる。
俳優達のキャスティングについてのヨン・サンホ監督は「参加すると約束してくれた全ての俳優達がこの作品で見せてくれる感心と情熱の御陰で豊富な結末を持つ作品になると思う」と期待感を伝えた。

すでに映画「釜山行き」の製作は忠武路(韓国映画系)でホットイッシューだった。「豚の王(原題)」、「いんちき(原題)」などアニメーションの新しい地平を開いたヨン・サンホ監督は出す作品ごとに好評を受けながら、忠武路(韓国映画系)で一番ビジュアリストとして唯一のストリーテラーで成長した。

ヨン・サンホ監督は「この映画はアニメーション「ソウル駅」で始め「釜山行き」に終わる大型プロジェクトだ。長いプロジェクトに同席したスタッフと俳優達に敬意を示す」とクランクインの感想を伝えた。

映画「釜山行き」は釜山行きKTXにゾンビウィルスが猖獗する中、繰り広げられる災難映画だ。コン・ユ、マ・ドンソク、チョン・ユミ、アン・ソヒ、キム・イソン、キム・スアンなどが参加し、アニメーション「豚の王」、「いんちき」で個性のある演出力を見せてくれたヨン・サンホ監督の初商業映画のデビュー作である。来る4月クランクインして今年の下半期に公開する予定。

Copyright ⓒ TVreport

▲ページTOP

2015.04.01UPDATE2015年4月ダウンロード用カレンダーUP
2015年4月ダウンロード用カレンダーがUPされました!

◆今月のカレンダーのダウンロードはこちら⇒
http://gong-yoo.jp/download/


▲ページTOP