With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2017.05.18UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2017.05.16UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2017.05.12UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2017.05.11UPDATE2017年5月ダウンロード用カレンダーがUPされました!
2017年5月ダウンロード用カレンダーがUPされました!

◆今月のカレンダーのダウンロードはこちら⇒
http://gong-yoo.jp/download/


▲ページTOP

2017.05.08UPDATE【CM】COWAY空気清浄機コン・ユの1日編(30sec)

▲ページTOP

2017.05.04MEDIA俳優コン・ユ、涙の最優秀演技賞受賞



韓国俳優コン・ユが最優秀演技賞を受賞し、涙を見せた。

 3日、第53回百想(ペクサン)芸術大賞授賞式で、TV部門男性最優秀演技賞はtvNドラマ「鬼<トッケビ>」主演のコン・ユが手にした。誰が受賞してもおかしくない錚々たる候補者の中からコン・ユが選ばれた。

 「鬼<トッケビ>」でコン・ユは不滅の人生を歩んでいく寂しくて燦爛なトッケビを演じ、韓国中に“トッケビ・シンドローム”を巻き起こした。

 コン・ユは「何か月か前まで寂しいトッケビだったが、今はとても柔弱な人間に戻ってきた」とし、「長い間、私に関心を持ってくださり、愛情を送ってくださり、そして私にキム・シンという役を贈ってくださった脚本家のキム・ウンスク先生に感謝する。私と共に喜んで胸に刀を差してキム・シンにしてくださったイ・ウンボク監督にも感謝している。寂しいキム・シンに大きな愛をくれたウンタク(キム・ゴウン)もありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

 続けて「戦場で共に戦ったスタッフに言いたいことがある。彼らと共にできて全ての時間がうれしかった」と述べ、喜びを露わにした。

 さらに「この場に立つことはとても恐ろしかった。その理由はまだ探している」とし、「私がどこにいて、私が誰なのか、どこに向かっているのかを探しているところだ。この重くて大きな賞は、ヘタレている私にしっかりしろと、もうためらわず、うろたえるなという意味でくださった賞だと思い、ありがたくいただく」とコメントした。

 続けて「『鬼<トッケビ>』を見てくださったたくさんの視聴者にものすごく感謝している」とし、「俳優たちと悩んできたことが、遠いいつの日か振り返った時に無駄な悩みになっていないことを望んでいる」と目を赤くした。

▲ページTOP

2017.05.03MEDIA俳優コン・ユ、台湾ファンとの初ファンミーティングを開催


ホワイトスーツを着たコン・ユは歌手故ユ・ジェハの『僕の心に映った僕の姿』(原題)を歌いながら舞台の上に登場し、ファンミーティングの開始を知らせた。コン・ユは死神を連想させるフェドラとブラックスーツを着て登場した台湾の国民的なMCの?子佼と共に舞台の上を歩き、ファンたちが歓声を上げた。初ファンミーティングであるだけに、コン・ユは作品、幼年期、余暇生活など自身の話を率直に公開して客席を熱狂させた。コン・ユは今回のファンミーティングのスローガンである「Live your dream、Hear your dream、you are my dream」のように、ファンたちの願いを直接叶えてあげる時間も設けた。コン・ユはファンのギター演奏に合わせてその場で歌を歌ったり、5500人のファンたちのために特有の甘いボイスでアラームを録音したりしながら雰囲気を盛り上げた。

ファンミーティングの最後にコン・ユに向かったファンたちの感動的な映像が彼の目を潤ませた。台湾ファンたちが準備したサプライズ映像やメッセージを見たコン・ユは、映像の途中に後ろを向いたが、ファンの方に振り向いた瞬間、感動の涙を流した。落ち着いてきた共有は「私が流す涙は反省のようなものだ。休まずに長い間働いてきたところ、思ったより心が弱くなってきた。皆さんの真心をちゃんと受けとめて頑張って自身の心が落ち着くように努力したい」としてファンたちに感謝の挨拶を伝えた。

一方、コン・ユは5月6日、香港アジアワールド・エキスポでファンミーティングを控えている。

▲ページTOP

2017.04.13MEDIAコン・ユの自然親和的な微笑み
俳優コン・ユが男性ブランド「epigram(エピグラム)」のポップアップストーア「Almost Home2」オープンイベントに参加し、その姿を公開した。

カジュアルで姿で会場に登場したコン・ユの優しく微笑んでいる。

「Almost Home2」のロマンチックなガーデンでは「epigram」のスローガンである「スローライフ」のようにサボテンをガードニングしたり、直筆でメッセージを書くなどファンサービスも行った。


コン・ユ/epigram


コン・ユ/epigram


コン・ユ/epigram


コン・ユ/epigram

去るシーズンから「epigram」のモデルとして活動しているコン・ユは感覚的なスタイリングを提案する17 S/Sシーズンでリラックするファッションと共にモダンで綺麗なスタイルのトップスとスニーカーをマッチしたアイテムがコン・ユフィット(fit)ラインで出資された。

一方、ライフスタイル編集ショップ「Almost Home2」は5月31日ギョンリダンギル(경리단길)で確認することができる。さらに「epigram(エピグラム)」の2017年S/Sファッション写真及び映像はepigram(エピグラム)公式SNS及び「byseries」オンラインショップで公開される。

▲ページTOP

2017.04.12UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP