With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2017.01.10MEDIA「冷めることを知らない人気」『鬼(原題)』コン・ユTV出演者の話題性5週連続1位

ドラマ『鬼(原題)』コン・ユが5週連続TV出演者の話題性1位を示した。

9日、TV出演者の話題性の分析機関グッド・データ・コーポレーション側は「tvN金土ドラマ『鬼(原題)』の出演俳優コン・ユとJTBC『舌戦(原題)』ジョン・ウォンチェク氏がTV出演者の話題性の1位を占めた」と明らかにした。

これは去る2日から9日まで重要ドラマ36編の出演者416名、非ドラマ172編の放送の出演者及び放送で扱う主題2012個(名)に対するネチズンの反応をオンラインニュース、ブログ、コミュニティー、SNS、動画のアクセス数を通じて分析した結果である。

特にドラマ部門では『鬼(原題)』のコン・ユは5週連続1位を占めてその人気を実感させた。コン・ユは『鬼(原題)』で鬼役のキムシンを演じている。
続いて『鬼(原題)』出演俳優のイ・ドンウクは2位、キム・ゴウンは3位、ユ・インナは4位となった。

グッド・データ・コーポレーションが発表する分析対象のデータの正確度は95%以上である。

Copyright © TV리포트 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2017.01.06UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2017.01.03UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2017.01.02MEDIA『鬼(原題)』新年挨拶を公開

『鬼(原題)』新年挨拶/写真提供=화앤담픽쳐스

『鬼(原題)』コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ユク・ソンジェが2017年の新年挨拶を伝えた。tvN「佗しききらびやかな神(シン)-鬼(原題)」は逆転を繰り返し、予測不能の展開とファンタジーでスペクタクルな映像、出演俳優たちの熱演が調和され熱い人気を集めている。
何よりも去年31日に放送された第10話ではコン・ユ、イ・ドンウク、ユ・インナの前世で錯雑して複雑な運命であることが明らかになり、話題を集めた。鬼のキムシンが高麗時代の武神だったころ、もどかしく殺された妹のキムソンがサニーで生き返た事実が明かされたこと。さらに妹を死なせた王が死神(イ・ドンウク)だったことが放送され運命の渦巻きがこれからどうなるか注目を集めている。
このように話題の集めている『鬼(原題)』の出演俳優たちは感謝の心を込めて新年のメッセージを伝えて話題を集めている。
コン・ユは「明けましておめでとうございます」と「僕たち愛しあえますように」と鬼らしい可愛いコメントをつたえた。イ・ドンウクは「新年!福!多い!」という短いコメントに台本から顔を出した可愛いポーズで微笑みを誘った。キム・ゴウンは青春で溌剌とした微笑みで「明けましておめでとうございます」とユ・インナは「2017年明けましておめでとうございます。いつも健康でお幸せに!!」と「「鬼」最後まで愛してください〜」と可愛い絵を入れた。13代目に鬼に仕える財閥3代のユク・ソンジェは可愛いジェスチャーに「視聴者の皆さん!新年には鬼と共に!お幸せに」と愛嬌溢れるメッセージを送った。
ドラマ制作側は「2016年最後の日までドラマへの熱い声援と応援をくださる視聴者に再び感謝申し上げます」と「俳優たちはもちろん、制作スタッフ皆んなも同じ心で希望溢れる新年になるよう願います。2017年にはドラマで楽しみや教訓、感動をお与えできるように最善を尽くしてよい作品を完成させる」と伝えた。

Copyright © 텐아시아 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2017.01.02MEDIA『鬼(原題)』コン・ユ、コミックと真剣を行き来する「神のひと技」

去る31日に放送されたtvN10周年特別企画『鬼(原題)』の第10話では互いの気持ちを率直に白状してから初めて一般の恋人のようにキスをする姿が放送された。一方、死神からサニー(ユ・インナ)がキムシンの妹の生き返だという事実に衝撃受ける姿や病状の姿の王で推測される死神の前世が公開されこれからのストーリに興味を集めている。

この日、放送では939才の鬼役に完璧に溶け込んでいるコン・ユの魅力が発散された。常に彼氏を求めるウンタクに嫉妬したり、アルバイトで働いているウンタクの肩や頭を撫でる姿は視聴者の心をときめかせた。特にお酒に酔って大胆になったウンタクがキムシンにキスを求めた時には時間が止まるほど、慌てるキムシンの姿に微笑ましくなる。初キスの後ウンタクから思わずチュされたキムシンの隠せない幸せな表情や消毒してくれるウンタクの行動に顔が赤くなって照れる姿は1000年ぶりに訪れてきた初恋へのときめきさが充分に伝わった。

時には愉快に時には切なく描かれるコン・ユの存在感は視聴者を引っ張り出している。このように役柄に夢中になるコン・ユの熱演で2017年も鬼には良い日が広がるように願う理由である。
tvN10周年特別企画『鬼(原題)』は毎週金、土の午後8時に放送される。

<写真提供:放送キャプチャー>

▲ページTOP

2017.01.01INFO新年、明けましておめでとうございます


コン・ユジャパンオフィシャルファンクラブ「With YOO」事務局より、皆様に新年のご挨拶を申し上げます。
2017年明けましておめでとうございます。
今年もコン・ユ並びにファンクラブへの温かいご声援をよろしくお願い申し上げます。

コン・ユジャパンオフィシャルファンクラブ「With YOO」スタッフ一同

▲ページTOP

2017.01.01UPDATE2017年1月ダウンロード用カレンダーがUPされました!
2017年1月ダウンロード用カレンダーがUPされました!

◆今月のカレンダーのダウンロードはこちら⇒
http://gong-yoo.jp/download/


▲ページTOP

2016.12.31UPDATEMESSAGEページがアップされました!
MESSAGEページがアップされました!

◆内容のご確認はこちら⇒
http://gong-yoo.jp/message/

▲ページTOP

2016.12.30MEDIA『鬼(原題)』コン・ユ、イ・ドンウク、ランウェイのようなツーショットを再び再現


『鬼(原題)』コン・ユとイ・ドンウクの爆発的に話題を集めたレンウェイワーキングを見せる。

コン・ユとイ・ドンウクはtvN金土ドラマ『鬼(原題)』で不滅の人間を過ごしている鬼のキムシン役と記憶喪失の死神役で「歴代級ブロマンス」を見せている。
二人以前第2話で話題を集めた「ランウェイ・ワーキング」を再び再現する予定。

さらに二人は「コミック」と「カリスマ」が共存していて独特な「アンサンブル」を見せる予定で話題集めている。二人は格好いい目線と184cmの優越な身長、ファッショナブルなスタイルの3拍子のファンタスチックな「男神のツーショット」で愉快まで与えること。

制作側は「コン・ユとイ・ドンウクが息を合わせて作り出す鬼と死神は説明が入らないくらい完璧だ。ビジュアルから感情演技、笑いを与えるアドリブまで最高だ」と「今週放送される9話、10話ではコン・ユ、イ・ドンウクの予想できない出来事に遭遇し、興味が倍になる予定。今週の放送分も楽しみにしてください」と伝えた。

ドラマは30日午後8時放送。


写真提供= 화앤담픽쳐스

Copyright © 엑스포츠뉴스 All Rights Reserved.


▲ページTOP