With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2018.10.19MEDIA俳優コン・ユ、映画『82年生まれキム・ジヨン(原題)』にキャスティング


俳優コン・ユが映画『82年生まれキム・ジヨン(原題)』の出演を確定した。
女優チョン・ユミの夫役である。

 この時代が共感し一緒に悩む物語を盛り込んだ「82年生まれキム・ジヨン」はある日突然、実家の母親、姉などに憑依された症状を見せるごく平凡な30代女性キム・ジヨンと、彼女を取り巻く家族、周りの人々の物語だ。

 コン・ユは今回の作品で平凡な30代女性キム・ジヨンの夫チョン・デヒョンを演じる。チョン・デヒョンはある日突然、他の人間に憑依された妻キム・ジヨンを見て、これまでの彼女の人生を理解し一緒に悩みを分かち合う人物だ。ドラマや映画の多様なジャンルを行き来しながら最高の俳優として認められてきただけに、平凡でない状況や感情を表す今回の役に「最適なキャスティング」との評価を受けている。

 同名のベストセラーを原作にした映画『82年生まれキム・ジヨン(原題)』は先立って、タイトルロールのキム・ジヨン役に女優チョン・ユミのキャスティングを確定していた。

 ことし各映画祭を席巻した和裁の新人キム・ドヨン監督が演出を務め、映画のタイトルロールであるキム・ジヨン役の女優チョン・ユミに続き、彼女の夫チョン・デヒョン役に俳優コン・ユのキャスティングを確定した映画『82年生まれキム・ジヨン(原題)』は来年上半期にクランクイン予定だ。

▲ページTOP

2018.09.06MEDIAコン・ユ、化粧品ブランド「THE BODY SHOP」のイベントに出席…輝かしい笑顔で魅了


3日午後、コン・ユがソウル麻浦(マポ)区弘大(ホンデ)で開かれた「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」の新製品発売ローンチイベントに出席した。

「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」は日本でも路面店を構える人気の高い化粧品ブランドで、韓国ではコン・ユがイメージモデルを務めていることで有名だ。






▲ページTOP

2018.09.05MEDIA新世界『SSG.COM』コン・ユ、コン・ヒョジンコンビーが’SSG’広告再びおみせする


新世界グループのオンラインモールのSSG.COMが2016年話題になった「SSG」広告をもう一度披露するとのこと。

SSG.COMは来る8日から3ヶ月間「SSG」広告映像4編を披露すると4日明らかにした。

コン・ユ、コン・ヒョジンそして監督ペク・ゾンヨルが再会する。
今回の広告はエキゾチックな雰囲気を出すため、4編全てをハンガリーのブダペストで撮影を行う。

洗練された画面、ウィットあるストーリとインパクトあるサウンドまで様々な要素が結合され注目を集めている



Copyright ⓒ 뉴스1 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2018.09.03MEDIAコン・ユ、9月香港で「コン・ユ館」オープン…海外初の“K STAR献呈館”に高まる期待


俳優コン・ユの名前を掲げた海外初のK STAR献呈館である「コン・ユ館」が、今後9月に香港での開館を控えている。

「K STAR献呈館プロジェクト」は海外で韓国映画を広く知らせ、国際的に映画の発展に重要な橋渡しをした映画に対し、感謝の気持ちで上映館を献呈して、観客に報いるために作成されたさまざまな観覧体験を目的としたプロジェクトである。今回の「コン・ユ館」は、香港CGV Cinemas D2 Placeの開館の時点である9月にオープンするもので、合計128席だ。

「コン・ユK STAR献呈館」は海外初で、香港初の映画献呈館で、香港の映画産業で一度も試みられたことがない。これにより、香港の映画産業に前例のない影響を与えるものと期待されており、「コン・ユ館」でコン・ユに関連するコンテンツを活用し、献呈館の収益の一部は、今後、香港独立映画や社会に貢献するドキュメンタリー映画、若い監督のサポート、香港映画業界の発展のための後援など、さまざまな用途で使用される予定である。

コン・ユは、「香港CGV Cinemas D2 Placeのコン・ユ献呈館をお祝いし、感謝する」とし、「意味のあるプロジェクトに参加することになって、俳優としても光栄だ。今回の機会を通じて、香港では多くの映画が交流できる時間になればうれしい」とお祝いの挨拶を伝えた。

コン・ユは、映画「トガニ 幼き瞳の告発」「男と女」「新感染 ファイナル・エクスプレス」「密偵」にいたるまで、ラブストーリー、ブロックバスター、時代劇など、様々なジャンルとキャラクターを行き来しながら、俳優としての幅を広げていった。それだけでなく、彼は2017年に韓国で放送が終了したtvNドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」に出演するなど、多様な作品を通じて韓国映画やドラマ産業を世界に知らせるために大きく貢献した。

Copyright © OSEN All Rights Reserved.

▲ページTOP

2018.05.16MEDIA「日常さえぽかぽか」 コン・ユ、ビジュアルが活躍した夏の画譜




俳優コン・ユのナチュラルで心温まるような美しさが引き立つ夏の画譜が公開された。
慶州で行われた今回の画譜は、競争が激しい都市から離れ、日ざしが降り注ぐ
書店の中で本を読み、ひっそりと静かな古い家で過ごすコン・ユの姿を収めた。

コン・ユは撮影中ずっと自然な表情とポーズで、現場スタッフを感嘆させ、
特有の目つきだけでもロマンチックな雰囲気を醸し出した。

一本の映画を連想させるコン・ユの日常は、シンプルなTシャツスタイルでトレンディさを加えた。
特に、ポケットと昆虫の刺繍、グラフィックプリントで退屈な半袖にポイントを与え、
多彩な2018年夏の男性コーディネートを提案している。

暖かい日ざしの下、余裕のある日常を楽しむコン・ユの姿を描き出した今回の画譜は、
ライフスタイルブランド「epigram(エピグラム)」とともにし、コン・ユと過ごした
ロマンチックな一日を通じ、スローライフを目指すエピグラムブランドの感性を表現した。



Copyright (c) News1 Korea. All rights reserved.

▲ページTOP

2018.05.10MEDIAコン・ユ、いい加減に撮ってもハンサムなビジュアル
俳優コン・ユの画報ビハインドが公開された。
コン・ユは、 2年連続、台湾 IT 業社「ASUS(エイスース)」のアジア地域代表モデルを担当し、
ブランド認知度、信頼向上に肯定的な影響を及ぼしている。今回の画報ビハインドは、
見る人々を引き寄せ、出口のないコン・ユの魅力で視線を捕らえている。

ウィンクから手のハートまで、コン・ユの暖かいビジュアルが購買欲を刺激する。
公開された写真の中で、春のように華やかな黄色いニットに、ジーパンで
カジュアルな魅力を放つコン・ユは、カメラに向かってパチッとウィンクをしたり、
テレビ電話をするようにしきりに手を振ったりし、甘いほほ笑みを見せ、
見る人々をときめかせた。

特に、コン・ユはホワイトスーツを身にまとったダンディーな姿とは違い、
手でハートを描いたり、おちゃめなポーズで撮影現場を愉快な笑いに染めた。
いい加減に撮ったビハインドさえも画報に変える彼の無限大の魅力がより引き立っている。



ブランド関係者は、「コン・ユはアジアでも相変らず熱い存在だ。俳優が与える
信頼感、好感度はブランドにも多くの影響を及ぼしたのが事実だ。」とし、
コン・ユに向けた深い信頼を伝えた。

Copyright © OSEN All rights Reserved.

▲ページTOP

2018.02.28MEDIAディスカバリー、コン・ユの東京画譜公開「暖かさ、そのもの」




ディスカバリーエクスペディション(アウトドアブランド)が近づく春を迎え、
ディスカバリーのモデルで活動中の俳優コン・ユの東京旅行ストーリーを公開した。

コン・ユは東京の春の日を背景に、ディスカバリーだけのモダンながらも
ストリートムードが合わさったトラベルウェアを完璧に着こなし注目を集めている。

ネイビーとカーキカラーをベースとしたベーシックなカジュアルスタイリングから、
華やかなレモンカラーとホワイトカラーが調和した華やかな春期スタイリングを披露し、
心地よくスタイリッシュなトラベルルックを完成した。




ディスカバリーエクスペディション関係者は「近付く春を迎え、今回の18SSシーズンは、
軽い活動と旅行に最適化したことはもちろん、モダンでストリート感性まで加えた
ディスカバリーアイテムと共に、ディスカバラーであるコン・ユのように軽い旅に出る
計画を立ててみて欲しい」と伝えた。

一方、コン・ユとディスカバリーエクスペディションが共にした今回のシーズン
東京旅行ストーリーは、ディスカバリー公式インスタグラムにて定期的に
アップロードされる予定だ。

Copyright (c) News1 Korea. All rights reserved.

▲ページTOP

2018.02.19MEDIAコン・ユ、優しい春のファッション「 ベージュ×カーキでオシャレする」

写真提供=Epigram(エピグラム)

俳優コン・ユが千年歴史の古都、慶州(キョンジュ)でソフトな魅力を誇った。
コーロンインダストリー(kolonindustries)FnC部門のライフ・スタイルブランド「エピグラム(epigram)」はコン・ユと
共に2018年S/S写真集の一部ショットを公開した。

慶北(キョンブク)慶州(キョンジュ)で行われた撮影は歴史と伝統、思い出への旅をコンセプトにし、
韓国の思い出とノスタルジアを込められた。

公開されたショットでは簡潔なデザインのトレンチコートにベージュー色のパンツを履き、カーキ色のショルダーバッグをマッチしてカジュアル・ルックを完成させた。


写真提供=Epigram(エピグラム)

コン・ユは韓国の伝統が生き残った慶州の古宅と古墳を背景に、映画のような写真集を完成させた。

また、絶滅危機に置かれた昆虫とたんぽぽの刺繍が加わったニットに茶色のチノパンツ、カーキ色のコートで春のファッションを完成させた。

エピグラム(epigram)を総括しているハン・キョンエ常務は「コン・ユはエピグラムが追求する感性的な部分を一層目立たせた」と「歴史と伝統、思い出が共存する慶州(キョンジュ)での日常を通じてエピグラムの感性とライフスタイルのコンセプトを自然に表現させてた」と伝えた。

▲ページTOP

2018.02.08MEDIA「この眼差しにはまる」 コン・ユ、台湾が惚れこんだビジュアル


俳優のコン・ユが、台湾雑誌の表紙を飾った。
エル(ELLE)台湾側は、7日公式SNSを通じ今月の表紙を飾ったコン・ユの写真を公開した。
この画譜は「エル」2018年新年号初の表紙でも使われた事がある。
 

撮影は、アメリカのロサンゼルスで行われた。コン・ユは今回の撮影過程で、
自ら場所を決め、スタイリングに対するアイデアを出すなど積極的に
参加したことで知られた。
 

写真の中のコン・ユは、ジャケットとシャツでシンプルさを追い求めつつも、
ほんの少し露出したがっちりとしている鎖骨のラインがセクシーさまで加えている。
 

一方、コン・ユは去年のtvNドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』以後、
特別な活動はなく、次期作を選ぶのに集中している。
 

Copyright@2015 Sportsseoul, All rights reserved.

▲ページTOP