With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2017.01.16MEDIA【スペシャル】ドラマ『鬼(原題)』NGパレード

▲ページTOP

2017.01.14MEDIAコン・ユ、イ・ドンウク、ユク・ソンジェ、和気藹々な現場雰囲気

<写真=tvN『鬼(原題)』メイキング映像のキャプチャー>

ドラマ『鬼(原題)』に出演するコン・ユとイ・ドンウク、ユク・ソンジェのメイキング映像が公開され、話題を集めている。
13日tvN金土ドラマ『鬼(原題)』側はNAVERのTVキャストを通じて「【単独】コン・ユ、イ・ドンウクとぶつかってハイキック(feat.チョウチョウ ユク・ソンジェ)」というタイトルのメイキング映像を公開した。


<写真=tvN『鬼(原題)』メイキング映像のキャプチャー>

ドラマ『鬼(原題)』はコン・ユとイ・ドンウクを始めキム・ゴウン、ユ・インナ、ユク・ソンジェなど個性派俳優たちが出演して視聴者の愛されている。

◆メイキング映像

▲ページTOP

2017.01.13MEDIA『鬼(原題)』コン・ユ♥キム・ゴウンのアイコンタクト、膝枕で「ロマンス最高潮」

『鬼(原題)』コン・ユとキム・ゴウンが膝枕でロマチック雰囲気の写真を公開した。

13日放送されるtvN金土ドラマ『鬼(原題)』のコン・ユとキム・ゴウンは甘いデートを過ごす姿を公開した。
公開された写真の中、二人きりでバーベキューパーティーしたり、膝枕をしたり、野外の風景を眺めながら会話する様子。

ドラマの制作側は「撮影現場でコン・ユとキム・ゴウンはお互いを配慮し、和気藹々とした雰囲気を作り出している」と「第4話だけを残している今、二人の運命の恋が叶えられるか第13話で楽しみにしてください」と伝えた。

▲ページTOP

2017.01.13MEDIA『鬼(原題)』コン・ユ×イ・ドンウク「一心同体」のブロマンス

写真=화앤담 픽쳐스提供

コン・ユとイ・ドンウクがドラマ『鬼(原題)』で鬼と死神の「現実ブロマンス・ケミ」をみせた。

コン・ユとイ・ドンウクはtvN金土ドラマ『寂しくきらびやかな神(シン)-鬼(原題)』でそれぞれ不滅な存在、鬼のキムシン役と死神の役で「特急ブロマンス」をみせて話題を集めている。

公開された写真の中、二人は揃って座り台本を読みあい、カメラを乗せた台車(dolly)に乗ってポーズをとるなどいたずらっ子のような様子もみせた。

ドラマの制作側は「コン・ユとイ・ドンウクはそれぞれキム・ゴウン、ユ・インナへの甘いラブ・ラインだけでなく、二人の「男男ケミ」を完璧にみせている」と「イ・ドンウクの前世がワンヨだったという事実が明らかになった中、今後コン・ユとイ・ドンウクの関係がどのように繰り広げられるが楽しみしてください」と伝えた。

Copyright © 부산일보 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2017.01.11MEDIA『鬼(原題)』コン・ユ、キム・ゴウンのビハインド映像で魅力発散

写真=NAVER「TVCAST」動画キャプチャー

ドラマ『鬼(原題)』コン・ユ、キム・ゴウンのビハインド映像が公開された。
10日tvN金土ドラマ『鬼(原題)』側は「ビーグル美(ミ)発揮、シンタクカップル♡」というタイトルでビハインド映像を公開した。

映像で二人はお互いふざけあって笑っている。動線を合わせるリハーサルのときにも和気藹々とした雰囲気。 また、ビハインド映像を撮影するカメラを意識するコン・ユはキム・ゴウンに「写真撮ってあげる。本当に綺麗でしょう。天使みたいだよ」と言って笑いを誘った。

一方、tvN金土ドラマ『鬼(原題)』は来る13日午後8時に放送される。

◆ビハインド映像はこちら

▲ページTOP

2017.01.10MEDIA「高校生から鬼まで」コン・ユのヘアースタイルの変遷

写真=(時計回り)MBC『ある素敵な日』、tvN『鬼(原題)』、SBS『乾パン先生とこんぺいとう』

コン・ユの多彩なヘアースタイルの変遷史だ。
最近街中でコン・ユのヘアースタイルをしている人々にたくさん出会える。このようにコン・ユのヘアースタイルが注目を集めている理由は何であろう。過去12年間コン・ユがドラマで魅せた様々なヘアースタイルをみればわかる。




▶︎2005年コン・ユのヘアースタイルは「微笑ましい」
コン・ユの高校生のヘアースタイルは幼い。SBS『乾パン先生とこんぺいとう』は最近コン・ユがブラウン管でみせたスタイルとは違う。今が優しい感じだとすれば『乾パン先生とこんぺいとう』でのコン・ユはまだ幼い。当時の反抗期の高校生を表現する設定によく似合うヘアースタイルである。



写真=MBC『ある素敵な日』公式サイト

▶︎2006年コン・ユのヘアースタイルは「色っぽい」

ロマンチックなヘアースタイル。自身の心臓はこの男だと思う女と自分には心臓がないと思う男。彼らの物語を描いたMBC『ある素敵な日』。劇中のコン・ユはビンテージでマッチョのようなヘアースタイルを演出した。今振り替えてみると少し時代遅れたように見えるが2006年当時は韓国の男性なら誰もが想像していたスタイル。



写真=MBC『コーヒープリンス1号店』

▶︎2007年コン・ユのヘアースタイルは「シック(chic)」

索漠な都会の中、青々しい青春たちの恋と夢を描いた物語の『コーヒープリンス1号店』。コーヒーと恋の深い味を感じるコン・ユ。綺麗に整ったヒゲとヘアースタイルは前作に比べて洗練された感じ。



写真=KBS2『ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>~』

▶︎2012年コン・ユのヘアースタイル「ダンディー(dandy)」

18歳、疾風怒濤の時期を迎えた少年がある日30歳の成人男性と魂が入れ替わる物語を描くKBS2『ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>~』。劇中コン・ユのヘアースタイルは清潔でありながらもスポーティーでダンディーなムードを作り出す。



写真=『おばけ-寂しくきらびやか神(原題)』公式サイト

▶︎2016−2017年コン・ユのヘアースタイル「格好いい」

2017年ヘアースタイルのトレンドはコン・ユが導いているとしても過言ではない。コン・ユの俳優人生の作品とも呼ばれているtvN『おばけ-寂しくきらびやか神(原題)』でのコン・ユは女性が夢見る理想型。


写真=マネジメントsoop



Copyright © 스포츠조선 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2017.01.10MEDIA「冷めることを知らない人気」『鬼(原題)』コン・ユTV出演者の話題性5週連続1位

ドラマ『鬼(原題)』コン・ユが5週連続TV出演者の話題性1位を示した。

9日、TV出演者の話題性の分析機関グッド・データ・コーポレーション側は「tvN金土ドラマ『鬼(原題)』の出演俳優コン・ユとJTBC『舌戦(原題)』ジョン・ウォンチェク氏がTV出演者の話題性の1位を占めた」と明らかにした。

これは去る2日から9日まで重要ドラマ36編の出演者416名、非ドラマ172編の放送の出演者及び放送で扱う主題2012個(名)に対するネチズンの反応をオンラインニュース、ブログ、コミュニティー、SNS、動画のアクセス数を通じて分析した結果である。

特にドラマ部門では『鬼(原題)』のコン・ユは5週連続1位を占めてその人気を実感させた。コン・ユは『鬼(原題)』で鬼役のキムシンを演じている。
続いて『鬼(原題)』出演俳優のイ・ドンウクは2位、キム・ゴウンは3位、ユ・インナは4位となった。

グッド・データ・コーポレーションが発表する分析対象のデータの正確度は95%以上である。

Copyright © TV리포트 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2017.01.02MEDIA『鬼(原題)』新年挨拶を公開

『鬼(原題)』新年挨拶/写真提供=화앤담픽쳐스

『鬼(原題)』コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ユク・ソンジェが2017年の新年挨拶を伝えた。tvN「佗しききらびやかな神(シン)-鬼(原題)」は逆転を繰り返し、予測不能の展開とファンタジーでスペクタクルな映像、出演俳優たちの熱演が調和され熱い人気を集めている。
何よりも去年31日に放送された第10話ではコン・ユ、イ・ドンウク、ユ・インナの前世で錯雑して複雑な運命であることが明らかになり、話題を集めた。鬼のキムシンが高麗時代の武神だったころ、もどかしく殺された妹のキムソンがサニーで生き返た事実が明かされたこと。さらに妹を死なせた王が死神(イ・ドンウク)だったことが放送され運命の渦巻きがこれからどうなるか注目を集めている。
このように話題の集めている『鬼(原題)』の出演俳優たちは感謝の心を込めて新年のメッセージを伝えて話題を集めている。
コン・ユは「明けましておめでとうございます」と「僕たち愛しあえますように」と鬼らしい可愛いコメントをつたえた。イ・ドンウクは「新年!福!多い!」という短いコメントに台本から顔を出した可愛いポーズで微笑みを誘った。キム・ゴウンは青春で溌剌とした微笑みで「明けましておめでとうございます」とユ・インナは「2017年明けましておめでとうございます。いつも健康でお幸せに!!」と「「鬼」最後まで愛してください〜」と可愛い絵を入れた。13代目に鬼に仕える財閥3代のユク・ソンジェは可愛いジェスチャーに「視聴者の皆さん!新年には鬼と共に!お幸せに」と愛嬌溢れるメッセージを送った。
ドラマ制作側は「2016年最後の日までドラマへの熱い声援と応援をくださる視聴者に再び感謝申し上げます」と「俳優たちはもちろん、制作スタッフ皆んなも同じ心で希望溢れる新年になるよう願います。2017年にはドラマで楽しみや教訓、感動をお与えできるように最善を尽くしてよい作品を完成させる」と伝えた。

Copyright © 텐아시아 All Rights Reserved.

▲ページTOP

2017.01.02MEDIA『鬼(原題)』コン・ユ、コミックと真剣を行き来する「神のひと技」

去る31日に放送されたtvN10周年特別企画『鬼(原題)』の第10話では互いの気持ちを率直に白状してから初めて一般の恋人のようにキスをする姿が放送された。一方、死神からサニー(ユ・インナ)がキムシンの妹の生き返だという事実に衝撃受ける姿や病状の姿の王で推測される死神の前世が公開されこれからのストーリに興味を集めている。

この日、放送では939才の鬼役に完璧に溶け込んでいるコン・ユの魅力が発散された。常に彼氏を求めるウンタクに嫉妬したり、アルバイトで働いているウンタクの肩や頭を撫でる姿は視聴者の心をときめかせた。特にお酒に酔って大胆になったウンタクがキムシンにキスを求めた時には時間が止まるほど、慌てるキムシンの姿に微笑ましくなる。初キスの後ウンタクから思わずチュされたキムシンの隠せない幸せな表情や消毒してくれるウンタクの行動に顔が赤くなって照れる姿は1000年ぶりに訪れてきた初恋へのときめきさが充分に伝わった。

時には愉快に時には切なく描かれるコン・ユの存在感は視聴者を引っ張り出している。このように役柄に夢中になるコン・ユの熱演で2017年も鬼には良い日が広がるように願う理由である。
tvN10周年特別企画『鬼(原題)』は毎週金、土の午後8時に放送される。

<写真提供:放送キャプチャー>

▲ページTOP