With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2016.11.29MEDIA「1000万俳優」コン・ユ、作家キム・ウンスクに出会って人生の頂点をとるだろうか


女心スナイパーコン・ユが今年最高のファンタジ・ロマンスであるドラマtvNドラマ「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」(以下、『トケビ(鬼)』」で4年ぶりにドラマでで復帰する。しばらくの間、映画で顔をみせたコン・ユが今年最高のファンタジー・ロマンス物の「鬼(原題)」で復帰することだけで女性視聴者たちの期待を高く集めているとのこと。

◆「1000万俳優」コン・ユ。「鬼」の興行への期待

今年多作に出演した俳優コン・ユは2月に公開した映画「男と女」をはじめ、7月にはジャンルとキャラクターを一転し、ブロック・バスター映画「釜山行き(原題)」でカンヌ国際映画祭に招請され、海外からも好評を受けた。
国内では今年初めて1000万の観客を動員し、「1000万俳優コン・ユ」とも呼ばれるようになり、9月にはキム・ジウン監督の映画「密偵(原題)」で俳優ソン・ガンホと共演し、約750万観客を動員に成功した。
「釜山行き(限定)」、「密偵(原題)」二つの作品を合わせて累計1,900万余の動員を記録し、興行の立地を固めたとのこと。
ジャンルを問わず、様々な魅力を発揮したコン・ユは来る12月にtvNの10周年記念特別企画であるドラマ「鬼(原題)」で約4年ぶりにドラマでカムバックする。2016年活動に頂点をとり、映画で得た興行の勢いが続けくだろう。

◆「女心スナイパー」コン・ユ×「女心メーカー」キム・ウンスクのコラボレーション

コン・ユとキム・ウンスク作家の組み合わせは放送が始まる前から興行を呼び込み、注目を集めている。
ドラマ「鬼(原題)」はロマンチック・コメディーのキム・ウンスク作家とヒット作品のメーカーとも言われるイ・ウンボクPDが「太陽の後裔」以降、意気投合した作品でもある。

何よりも久々にロマンチック・コメディーで復帰するコン・ユの出演と、その作品を「パリーの恋人」、「プラハの恋人」、「オンエアー」、「太陽の後裔」などの作品で韓国を超えて海外の女性視聴者の心をつかまえた作家キム・ウンスクの作品であることだけで見るべきドラマであることは否定できない。興行俳優と興行メーカーの二人が会って誕生する「鬼(原題)」にどんな効果が得られるか期待感を高めている。

◆「釜山行き(原題)」からドラマ「鬼(原題)」まで「コン・ユシンドロム」の青信号

「釜山行き(原題)」は今年カンヌ国際映画祭でミッドナイト・スクリーニング部門に招請され、現地で熱い反応を受けた。すでにカンヌを始め海外からもプレオーダーされ、日本と中国、インドのアジア全地域、フランス、アメリカ、カナダ、ドイツ、南米など156ヶ国でおよそ250万ドルを記録し、完売の記録を続いている。実際に「釜山行き(原題)」国内公開以降、8月からシンガポール(BOXOffice1位、歴代韓国最高BOXOfficeを記録)、タイ(BOXOffice1位、歴代韓国映画最高BOXOfficeを記録)、ベトナム(BOXOffice1位、歴代韓国映画最高BOXOfficeを記録)、フランス(歴代韓国映画最高BOXOfficeを記録)、香港(BOXOffice1位、アジア映画の中、歴代1位を記録)、インドネシア(歴代韓国映画BOXOfficeを記録)、フィリピン(BOXOffice1位)、台湾(BOXOffice1位、韓国映画最高BOXOfficeを記録)、マレーシア(BOXOffice1位、韓国映画最高BOXOffice)などでの公開を通じて海外ファンの熱い反応を受けた。

「鬼(ドケビ)」は不滅の生を終えるために人間の花嫁が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始める記憶喪失中の死神、そんな彼らの前に「鬼の花嫁」と主張する「死すべき運」の少女があらわれ繰り広げられる、神秘的な浪漫説話で、韓国で12月2日午後8時に初放送される。


写真提供=マネジメントsoop、화앤담픽쳐스

▲ページTOP

2016.11.25MEDIAドラマ「鬼(原題)」"女心スナイパー"コン・ユの完璧なるスーツの着こなし


俳優コン・ユがスーツの完璧な着こなしを誇った。tvN「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」(以下、『トケビ(鬼)』)スチールショットを公開した。
コン・ユは先月10月にカナダのケベックでドラマ撮影を行った。無限大の魅力を持った鬼役"キムシン"のキャラクターが完璧に憑依したようだ。
ビジュアルはまるで写真集のようだ。コン・ユは優越な身長でクラシックなダブルスーツを着こなし、ロマンチックな雰囲気の街を歩きながら、紳士の風格を醸し出した。
演技力もまた、並外れていたとの噂だ。「鬼(トケビ)」側はコン・ユはコントロールが不可能だった街の真ん中でも集中力を発揮した、と賞賛した。
「鬼(トケビ)」は「太陽の後裔」チームが意気投合したドラマである。キム・ウンスク作家が台本を、イ・ウンボクPDが演出を務めて話題を集めている。
不滅の歳月を生きる鬼、鬼の人間花嫁、記憶喪失中の死神を物語を描く。コン・ユ、キム・ドンウク、キム・コウンなどが出演する。
来月2日に韓国tvNで初放送される。

写真提供=화담앤픽처스

▲ページTOP

2016.11.08MEDIAコン・ユ、起亜(キア)自動車”K7”の新しいモデルに抜擢!


俳優コン・ユが起亜(キア)自動車K7の新たなモデルに抜擢された。

最近、起亜(キア)自動車K7は人気俳優であるコン・ユをモデルに抜擢し、
「やわらかい革命」をコンセプトにした広告映像を公開し、話題を集めている。

公開された映像は、暗闇の中を荒々しく走るコン・ユと、煙が立ちこめる暗闇の中、速いスピードで道を走るK7のカリスマ性溢れる姿が、ブラックトーンで描かれ、ラグジュアリーでありながら重々しい印象を与える。
特に、彼特有の所信と魅力で武装した、見る者に安心感を与える俳優コン・ユと、最高であるために絶え間なく努力しながら黙々と自分自身の道を歩むK7両者の似た姿が視線を捉える。

コン・ユはまるで自身の映画「密偵(原題)」の背景をそのまま移したような撮影現場を見たあと、映画の中の義烈団のリーダー・キムウジン役に戻ったように撮影に臨んだという噂である。
コン・ユは冷たいカリスマと、その奥にあたたかい心を持つ、前に進むときには強くよどみないが、奥底にはやさしさが存在するカリスマを的確に表し、K7がそうであろうとした「ソフトカリスマ」の精神を完璧に表現してみせた。

一方、2016年「男と女(原題)」、「釜山行(原題)」、「密偵(原題)」まで連続公開し、スクリーンでの猛活躍をみせたコン・ユは、12月2日に初放送予定のtvN10周年特別企画「寂しくきらびやか神(シン)- おばけ」(以下、『ドケビ(おばけ)』)で久しぶりにテレビ劇場に復帰する。

「おばけ(ドケビ)」は不滅の生を終えるために人間の新婦が必要なおばけ、彼と奇妙な同居を始める記憶喪失中の死神、そんな彼らの前に「おばけの新婦」と主張する「死すべき運」の少女があらわれ繰り広げられる、神秘的な浪漫説話で、コン・ユは終わることのない時間を生きている、神秘的で哀しいおばけ、キム・シン役として熱演をみせる予定である。

<写真提供:起亜自動車>

▲ページTOP

2016.10.26MEDIA「冬の男に変身」コン・ユ、雪原でカリスマ発散






俳優コン・ユが冬の男に変身、カリスマを発散した。

雪原を背景に一遍の映画のようなCF映像と写真を通じて冬の男の姿を見せたコン・ユが、ライフスタイルアウトドアブランド「DISCOVERY EXPEDITION」の未公開写真を公開した。

コン・ユは友達と一緒に白い雪原の中、ヘリコプターとスノーモービルなどハイテクアクティビティーを楽しみながら冬休みを過ごしてるような姿を自然に演出した。カリスマ溢れる魅力を誇ったコン・ユはやってくる冬に着こなせる様々なスタイリングを提案する。

一方、数年間「DISCOVERY」のモデルとして「DISCOVERY」と一緒に新しい冒険をしてきたコン・ユは純白の雪原の中、零下温度の寒い撮影現場でも、明るくて健康な微笑みを忘れずに撮影を続けたという。特にハイテクヘリコプターと一緒にした撮影では、「DISCOVERY」の新しいパイロットジャンパーとヘッドセット、ミラーサパングラスなどを完璧に着こなして、男らしさ溢れる実際のパイロットとのような完璧な姿を誇った。

Copyright © Sports Donga All Rights Reserved.

▲ページTOP

2016.10.19MEDIA『トケビ(原題:おばけ)』コン・ユ、ティーザー映像で強烈なカリスマ発散…「夢幻的な雰囲気」


tvNの新しい金土ドラマ『寂しくて輝かしい神ートケビ』(以下『トケビ』)のティーザー映像が公開された。

去る13日『トケビ』側は各種オンラインチャンネルを通じて俳優コン・ユのティーザー映像を掲載した。

映像には「火を消して。彼が来る。」の字幕と一緒に、ほとんどの顔を隠したコン・ユが登場する。

『トケビ』のタイトルが流れた後、再び登場したコン・ユは「激怒の神に会えるだろう。」と囁く。コン・ユのカリスマ溢れる目つきとドラマの夢幻的で神秘な雰囲気が目につく。

『トケビ』は不滅の生を終えるために人間の新婦が必要なトケビ、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失の死神、またその彼らの前にトケビの新婦と主張する死ぬべきだった運命の少女が現れてから繰り広げられる物語である。
『太陽の末裔』のキム・ウンスク作家とイ・ウンボクPDが息を合わせた。コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、ユク・ソンジェなどが出演する。

一方『トケビ』は『The K2』に続き、来る12月2日に初放送される。
(写真=『トケビ』ティーザー映像スクリーンショット)

Copyright © wowTV All Rights Reserved.

▲ページTOP

2016.10.08MEDIA『密偵(原題)』コン・ユ×ハン・ジミン、ビハインド写真…見つめる視線、銃を持ったふりまで







『密偵(原題)』コン・ユ、ハン・ジミン、ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、シン・ソンロク スチル
写真=Warner Bros KOREA提供

映画『密偵(原題)』チームが和気藹々なチームワークを誇った。

『密偵(原題)』側は30日、ビハインドスチールを公開した。スチールにはソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、オム・テグ、シン・ソンロクから特別出演者イ・ビョンホンまで、俳優たちの完璧な呼吸と現場の愉快なエナジーがそのまま含まれている。

まず、キム・ウジン役のコン・ユは休み時間にも台本に熱中している姿。特にヨン・ゲスン役のハン・ジミンとの格別なケミストリーが目を引く。
またコン・ユは茶目っ気な表情で棒を持ってポーズをとっている姿も見せた。

ソン・ガンホの反転魅力も視線を捕えた。またソン・ガンホ、コン・ユ、イ・ビョンホンが撮影現場で一緒に集まって、笑いながら話をする姿も公開された。

続き車の中で同じポーズをとっているコン・ユとシン・ソンロクは、ロケーション撮影のために長い期間、上海に滞在しながら親しくなった姿を見せて、現場の和気藹々な雰囲気をそのまま伝えていた。

『密偵(原題)』は1920年代末、日本帝国の主要施設を破壊するために上海から京城(キョンソン、ソウルの旧称)に爆弾を搬入しようとする義烈団(ウィヨルダン)と、それを追う日本警察の間の息詰まる暗闘と懐柔、撹乱作戦を描いた映画である。
 
Copyright ⓒ stoo.com All Rights Reserved.

 

▲ページTOP

2016.10.07MEDIAコン・ユの「世界で一番香ばしいカフェ」…カヌー新しい公告公開


俳優コン・ユとパク・ヘスが一緒に撮影したコーヒーの公告が公開された。

6日、東西食品は秋を迎えて「世界で一番香ばしいカフェ」をテーマとしたMAXIM KANUの新しい広告を公開した。

公告は温かいコーヒー1杯を思い浮かばせる秋を迎え、深くて豊富なアロマーが感じれるシーン。

特にバリスターに扮したコン・ユが「KANUの香りはコーヒーを飲む前から始まります」というナレーションを披露しながら、香りを吟味する。パク・ヘスもKANUの香りを吟味した後、コーヒーを一口飲みながらじっと目を瞑っている。

東西食品は「香ばしくて暖かいアメリカーノの1杯が思い浮かぶ時には、香りと味がもっと深くなったKANUを楽しんでください」と「KANU公式SNS等を通じて消費者への様々なイベントを行う予定である」と伝えた。


Copyright © PUSAN NEWS All Rights Reserved.

▲ページTOP

2016.10.03MEDIAコン・ユ、「ファッションの完成は顔」に最適化



俳優コン・ユの優越なビジュアルが目立つF/Wシーズン写真集が公開された。

「Discovery EXPEDITION」はコン・ユと撮影したF/W写真集を公開した。写真集の中コン・ユはテクニカルな趣味を楽しむ自由奔放な雰囲気の中でナチュラルだが目を引くスタイリングを見せた。

特に欠点をつかめない完璧な表情とポーズをとり、プロの姿を見せた。
「Discovery EXPEDITION」の多様なブルゾンを着て感覚的なイン・アウト・ドアのスタイルを提案しファッショニスターらしい姿をみせた。





今回追加された秋の写真集ではコン・ユの素敵な見た目に似合うモノトーンのブルゾンとマンツーマンTシャツをきて特有のカリスマのある表情とポーズをみせ視線を圧倒させた。

またコン・ユは冬を感じさせる落ち着いたカラーのモダンなデザインのミルフォードのダウンジャケットで都会な魅力を揃ったキャジュアル・アウト・ドアのスタイリングを感せさせた。洗練された色感、既存の仕様からもっと補強された豊富な量の高級ラークン・ファーと体のシルエットを整えるフィッティング感で完璧なアーバン・トラベル(Urban Travel)スタイルを見せた。





ブランドの関係者は「優しさと真面目さを行き来する反転魅力のコン・ユとともにした今度の写真集も非常に満足する」と伝えた。

- Copyrights ⓒ sports.donga -

▲ページTOP

2016.09.30MEDIAコン・ユ×キム・ゴウン『トケビ(原題:おばけ)』5日カナダロケ地へ


俳優コン・ユとキム・ゴウンがドラマ『トケビ(原題:おばけ)』の海外撮影のためカナダへ向かう。
30日、関係者によるとコン・ユはキム・ゴウンはtvNドラマ『トケビ(おばけ)』撮影でくる5日カナダに向かう予定。
当初カナダ撮影は9月を予定していたが、撮影事情によって国内から撮影された。
ドラマ『トケビ(原題:おばけ)』は不滅の人生を終えるためには人間の新婦が必要とする「守り者」おばけと記憶喪失になってしまった「連れ戻す者」死神の奇妙な同居が始まり運命と呪いそのどこかで出会ったおばけと死神がこの世を去る亡者たちを見送る、不思議で悲しい、異常で美しい日常の物語を扱う。
ドラマ『太陽の後えい』の作家キム・ウンスクとイ・ウンボクPDが再び意気投合し、コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、ユク・ソンジェなどが出演する。くる12月放送予定。

写真=OSEN DB

@osen.co.kr

▲ページTOP