With YOO GONG YOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB

NEWS

2016.12.06MEDIAドラマ「鬼(原題)」TVドラマ話題性部門にコン・ユとイ・ドンウクが1、2位


俳優コン・ユがTV話題性ドラマ部門リサーチで1位をしめした。

6日午前TV話題性分析機関グッド・デーコペレ〜ションによると11月28日から12月4日まで放送されてたり、放送予定のバラエティー、情報、時事番組184編に出演または主題1974個とドラマ32編の出演者382名に対する話題性を調査した中、tvNの新ドラマ「鬼(原題)」の主人公キム・シン役を演じるコン・ユが1位をしめした。

また、「鬼(原題)」で死神の扮するイ・ドンウク、死ぬべき運命を持って生まれた少女ウンタクを演じるキム・ゴウンが2、3位に上がった。

前もって1、2をしめしたSBS水木ドラマ「青い海の伝説」チョン・ジヒョンとイ・ミンホはそれぞれ下落した4、5位を記録した。その後をドラマ「鬼(原題)」の出演者ユク・ソンジェとユ・インナがそれぞれ6、7に上がった。

一方、放送されたり、放送予定の番組184編に出演または主題1974個とドラマ32編の出演者382名に対する話題性を調査したものである。


Copyrights ⓒ 헤럴드POP & heraldpop.com

▲ページTOP

2016.12.05MEDIAドラマ「鬼(原題)」コン・ユ、実に燦爛した神(シン)の掌握力
まるで90分の映画のようだった。ベールを脱いだ「鬼(原題)」は休む暇もなく楽しみで武装していた。特に俳優コン・ユの活躍が輝いた。時代劇の戦争シーンから現代に至るまで、935年を自然に圧縮させた演技力だった。

去る2日、夜8時に第一話が放送された。90分に編成された第1話、その主人公もコン・ユだった。

キム・シン(コン・ユ扮)は1968年パリを背景に初登場する。家庭暴力に苦しんでいる少年を助け、将来を予言し、神秘でモーダンな雰囲気を醸し出した。



コン・ユは「鬼(原題)」でキム・シン役を務めた。© News1star/tvN「鬼」第1話キャプチャー。

鬼キム・シンが人間だった過去は高麗時代を背景に描かれる。高麗時代、将軍だったキム・シンは数多くの敵を破り、その血を浴びることになる。神(シン)と呼ばれるほど民たちの支持を受けたが、これはかえって毒になった。英雄で生き、逆賊で死んだ彼の物語は監督の映像美を通じて映画のように完成された。

彼は正義で勇敢であり、紳士的だった。キム・シンは鬼として老けず、死にもせず生をいとなむ事になった。935年間、鬼として人々の切なる願いを叶えてあげた。死の前で苦しんでいた女(パク・フィボン扮)とそのお腹にいた命をた助けてあげた。以降その子供が「鬼の花嫁」とも主張するジ・ウンタク(キム・ゴンウン)だ。

キム・シンと死神(イ・ドンウク扮)2人の相性も注目を集めた。2人の言い争う場面やキム・シンは死神の調味料入れをやりとりする食事シーンは視聴者に笑を誘った場面でもある。


「鬼(原題)」でコン・ユ、イ・ドンウクの奇妙な同居が始まる。© News1star/tvN「鬼」第1話キャプチャー。

コン・ユは魅力的な俳優だ。高麗時代から現時代に渡って違和感なく鬼であるキム・シンを演じた。キム・ゴウンとのロマンス、イ・ドンウクとのブロマンス、全てを期待しても良いだろう。今年スクーンで猛活躍したコン・ユの真価が確認できた。

© News1star

▲ページTOP

2016.12.05MEDIA『鬼』初回放送で1位、『応答せよ1988』上回る


気脚本家キム・ウンスクが手がけたtvN金土ドラマドラマ『寂しくて光り輝く神-鬼』(以下、『鬼』)がケーブルテレビチャンネルとしては異例の高視聴率をマークした。

 2日に放送された『鬼』は有料プラットフォーム世帯基準で平均視聴率6.9%(ニールセン・コリア調べ、以下同じ)、瞬間最高視聴率は9.3%を記録した。これは人気を呼んだ『応答せよ1988』の第1話平均6.7%、瞬間最高8.6%を上回る数字で、tvNドラマの第1話視聴率では最も高い。キム・ウンスクの新作に対する関心が視聴率にも現れているということだ。

 キム・ウンスクのスペクタクル・ファンタジーがイ・ウンボク演出の荘厳かつ大きなスケールの表現に調和、映画に引けを取らないドラマが誕生したと評価されている。
第1話放送分では、鬼のキム・シン(コン・ユ)と鬼の花嫁チ・ウンタク(キム・ゴウン)の運命的な出会いが描かれた。

『鬼』は3日の第2話も90分の特別版で放送される。

写真=ドラマ「鬼(原題)」キャプチャー

▲ページTOP

2016.12.01MEDIA「鬼」コン・ユ×イ・ドンウク、圧倒するビジュアルの神たちの晩餐

<写真提供=화앤담 픽쳐스>

「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」コン・ユとイ・ドンウクの「神(シン)たちの晩餐」を楽しむ姿が注目を集めている。

来る12月2日に初放送するtvN金・土ドラマ「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」は不滅の生を終えるために人間の新婦が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始める記憶喪失中の死神、そんな彼らの前に「鬼の花嫁」と主張する「死すべき運」の少女があらわれ繰り広げられる、神秘的な浪漫説話である。

コン・ユとイ・ドンウク(鬼-死神)二人が食事するの場面は18日京畿道(キョンギド)にあるドラマ・スタジオで撮影された。二人はリハーサルから小物の位置や、状態まで細かくチェックしたするなど本番撮影に気を配る姿で現場の撮影意欲が高まったとのこと。
とくに感覚的でコミックな要素が溢れる作家キム・ウンスク式のセリフを一番適切に表現させるために様々な口調で演技を合わせるなど、二人の「完璧な息」を見せた。
目があうたびに溢れ出すアドリブで現場スタッフたちの笑いは絶えなかったとのこと。

ドラマ制作側は「コン・ユとイ・ドンウクは鬼と死神に完璧に憑依し、笑いの要素も思いっきり発揮している」と「二人は撮影現場の雰囲気も最高に道じいている。二人が披露する熱演も見守ってほしい」と伝えた。

tvN10周年特別企画である「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」はロマンチック・コメディー作家を代表するキム・ウンスクとヒット作メーカーのイ・ウンボク監督が再び意気投合した作品でコン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、ユク・ソンジェなど人気俳優が出演し、「ファンタジー・ロマンチック・コメディー」の誕生を予告している。
ドラマは来る12月2日夜8時に初放送される。

▲ページTOP

2016.11.29MEDIA「1000万俳優」コン・ユ、作家キム・ウンスクに出会って人生の頂点をとるだろうか


女心スナイパーコン・ユが今年最高のファンタジ・ロマンスであるドラマtvNドラマ「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」(以下、『トケビ(鬼)』」で4年ぶりにドラマでで復帰する。しばらくの間、映画で顔をみせたコン・ユが今年最高のファンタジー・ロマンス物の「鬼(原題)」で復帰することだけで女性視聴者たちの期待を高く集めているとのこと。

◆「1000万俳優」コン・ユ。「鬼」の興行への期待

今年多作に出演した俳優コン・ユは2月に公開した映画「男と女」をはじめ、7月にはジャンルとキャラクターを一転し、ブロック・バスター映画「釜山行き(原題)」でカンヌ国際映画祭に招請され、海外からも好評を受けた。
国内では今年初めて1000万の観客を動員し、「1000万俳優コン・ユ」とも呼ばれるようになり、9月にはキム・ジウン監督の映画「密偵(原題)」で俳優ソン・ガンホと共演し、約750万観客を動員に成功した。
「釜山行き(限定)」、「密偵(原題)」二つの作品を合わせて累計1,900万余の動員を記録し、興行の立地を固めたとのこと。
ジャンルを問わず、様々な魅力を発揮したコン・ユは来る12月にtvNの10周年記念特別企画であるドラマ「鬼(原題)」で約4年ぶりにドラマでカムバックする。2016年活動に頂点をとり、映画で得た興行の勢いが続けくだろう。

◆「女心スナイパー」コン・ユ×「女心メーカー」キム・ウンスクのコラボレーション

コン・ユとキム・ウンスク作家の組み合わせは放送が始まる前から興行を呼び込み、注目を集めている。
ドラマ「鬼(原題)」はロマンチック・コメディーのキム・ウンスク作家とヒット作品のメーカーとも言われるイ・ウンボクPDが「太陽の後裔」以降、意気投合した作品でもある。

何よりも久々にロマンチック・コメディーで復帰するコン・ユの出演と、その作品を「パリーの恋人」、「プラハの恋人」、「オンエアー」、「太陽の後裔」などの作品で韓国を超えて海外の女性視聴者の心をつかまえた作家キム・ウンスクの作品であることだけで見るべきドラマであることは否定できない。興行俳優と興行メーカーの二人が会って誕生する「鬼(原題)」にどんな効果が得られるか期待感を高めている。

◆「釜山行き(原題)」からドラマ「鬼(原題)」まで「コン・ユシンドロム」の青信号

「釜山行き(原題)」は今年カンヌ国際映画祭でミッドナイト・スクリーニング部門に招請され、現地で熱い反応を受けた。すでにカンヌを始め海外からもプレオーダーされ、日本と中国、インドのアジア全地域、フランス、アメリカ、カナダ、ドイツ、南米など156ヶ国でおよそ250万ドルを記録し、完売の記録を続いている。実際に「釜山行き(原題)」国内公開以降、8月からシンガポール(BOXOffice1位、歴代韓国最高BOXOfficeを記録)、タイ(BOXOffice1位、歴代韓国映画最高BOXOfficeを記録)、ベトナム(BOXOffice1位、歴代韓国映画最高BOXOfficeを記録)、フランス(歴代韓国映画最高BOXOfficeを記録)、香港(BOXOffice1位、アジア映画の中、歴代1位を記録)、インドネシア(歴代韓国映画BOXOfficeを記録)、フィリピン(BOXOffice1位)、台湾(BOXOffice1位、韓国映画最高BOXOfficeを記録)、マレーシア(BOXOffice1位、韓国映画最高BOXOffice)などでの公開を通じて海外ファンの熱い反応を受けた。

「鬼(ドケビ)」は不滅の生を終えるために人間の花嫁が必要な鬼、彼と奇妙な同居を始める記憶喪失中の死神、そんな彼らの前に「鬼の花嫁」と主張する「死すべき運」の少女があらわれ繰り広げられる、神秘的な浪漫説話で、韓国で12月2日午後8時に初放送される。


写真提供=マネジメントsoop、화앤담픽쳐스

▲ページTOP

2016.11.25MEDIAドラマ「鬼(原題)」"女心スナイパー"コン・ユの完璧なるスーツの着こなし


俳優コン・ユがスーツの完璧な着こなしを誇った。tvN「寂しくきらびやか神(シン)- 鬼」(以下、『トケビ(鬼)』)スチールショットを公開した。
コン・ユは先月10月にカナダのケベックでドラマ撮影を行った。無限大の魅力を持った鬼役"キムシン"のキャラクターが完璧に憑依したようだ。
ビジュアルはまるで写真集のようだ。コン・ユは優越な身長でクラシックなダブルスーツを着こなし、ロマンチックな雰囲気の街を歩きながら、紳士の風格を醸し出した。
演技力もまた、並外れていたとの噂だ。「鬼(トケビ)」側はコン・ユはコントロールが不可能だった街の真ん中でも集中力を発揮した、と賞賛した。
「鬼(トケビ)」は「太陽の後裔」チームが意気投合したドラマである。キム・ウンスク作家が台本を、イ・ウンボクPDが演出を務めて話題を集めている。
不滅の歳月を生きる鬼、鬼の人間花嫁、記憶喪失中の死神を物語を描く。コン・ユ、キム・ドンウク、キム・コウンなどが出演する。
来月2日に韓国tvNで初放送される。

写真提供=화담앤픽처스

▲ページTOP

2016.11.08MEDIAコン・ユ、起亜(キア)自動車”K7”の新しいモデルに抜擢!


俳優コン・ユが起亜(キア)自動車K7の新たなモデルに抜擢された。

最近、起亜(キア)自動車K7は人気俳優であるコン・ユをモデルに抜擢し、
「やわらかい革命」をコンセプトにした広告映像を公開し、話題を集めている。

公開された映像は、暗闇の中を荒々しく走るコン・ユと、煙が立ちこめる暗闇の中、速いスピードで道を走るK7のカリスマ性溢れる姿が、ブラックトーンで描かれ、ラグジュアリーでありながら重々しい印象を与える。
特に、彼特有の所信と魅力で武装した、見る者に安心感を与える俳優コン・ユと、最高であるために絶え間なく努力しながら黙々と自分自身の道を歩むK7両者の似た姿が視線を捉える。

コン・ユはまるで自身の映画「密偵(原題)」の背景をそのまま移したような撮影現場を見たあと、映画の中の義烈団のリーダー・キムウジン役に戻ったように撮影に臨んだという噂である。
コン・ユは冷たいカリスマと、その奥にあたたかい心を持つ、前に進むときには強くよどみないが、奥底にはやさしさが存在するカリスマを的確に表し、K7がそうであろうとした「ソフトカリスマ」の精神を完璧に表現してみせた。

一方、2016年「男と女(原題)」、「釜山行(原題)」、「密偵(原題)」まで連続公開し、スクリーンでの猛活躍をみせたコン・ユは、12月2日に初放送予定のtvN10周年特別企画「寂しくきらびやか神(シン)- おばけ」(以下、『ドケビ(おばけ)』)で久しぶりにテレビ劇場に復帰する。

「おばけ(ドケビ)」は不滅の生を終えるために人間の新婦が必要なおばけ、彼と奇妙な同居を始める記憶喪失中の死神、そんな彼らの前に「おばけの新婦」と主張する「死すべき運」の少女があらわれ繰り広げられる、神秘的な浪漫説話で、コン・ユは終わることのない時間を生きている、神秘的で哀しいおばけ、キム・シン役として熱演をみせる予定である。

<写真提供:起亜自動車>

▲ページTOP

2016.10.26MEDIA「冬の男に変身」コン・ユ、雪原でカリスマ発散






俳優コン・ユが冬の男に変身、カリスマを発散した。

雪原を背景に一遍の映画のようなCF映像と写真を通じて冬の男の姿を見せたコン・ユが、ライフスタイルアウトドアブランド「DISCOVERY EXPEDITION」の未公開写真を公開した。

コン・ユは友達と一緒に白い雪原の中、ヘリコプターとスノーモービルなどハイテクアクティビティーを楽しみながら冬休みを過ごしてるような姿を自然に演出した。カリスマ溢れる魅力を誇ったコン・ユはやってくる冬に着こなせる様々なスタイリングを提案する。

一方、数年間「DISCOVERY」のモデルとして「DISCOVERY」と一緒に新しい冒険をしてきたコン・ユは純白の雪原の中、零下温度の寒い撮影現場でも、明るくて健康な微笑みを忘れずに撮影を続けたという。特にハイテクヘリコプターと一緒にした撮影では、「DISCOVERY」の新しいパイロットジャンパーとヘッドセット、ミラーサパングラスなどを完璧に着こなして、男らしさ溢れる実際のパイロットとのような完璧な姿を誇った。

Copyright © Sports Donga All Rights Reserved.

▲ページTOP

2016.10.19MEDIA『トケビ(原題:おばけ)』コン・ユ、ティーザー映像で強烈なカリスマ発散…「夢幻的な雰囲気」


tvNの新しい金土ドラマ『寂しくて輝かしい神ートケビ』(以下『トケビ』)のティーザー映像が公開された。

去る13日『トケビ』側は各種オンラインチャンネルを通じて俳優コン・ユのティーザー映像を掲載した。

映像には「火を消して。彼が来る。」の字幕と一緒に、ほとんどの顔を隠したコン・ユが登場する。

『トケビ』のタイトルが流れた後、再び登場したコン・ユは「激怒の神に会えるだろう。」と囁く。コン・ユのカリスマ溢れる目つきとドラマの夢幻的で神秘な雰囲気が目につく。

『トケビ』は不滅の生を終えるために人間の新婦が必要なトケビ、彼と奇妙な同居を始めた記憶喪失の死神、またその彼らの前にトケビの新婦と主張する死ぬべきだった運命の少女が現れてから繰り広げられる物語である。
『太陽の末裔』のキム・ウンスク作家とイ・ウンボクPDが息を合わせた。コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、ユク・ソンジェなどが出演する。

一方『トケビ』は『The K2』に続き、来る12月2日に初放送される。
(写真=『トケビ』ティーザー映像スクリーンショット)

Copyright © wowTV All Rights Reserved.

▲ページTOP